「インソールを入れても痛いモートン病を改善するならこの方法」愛知名古屋 - 名古屋市天白区「Dr.整体 天白」

HOME > モートン病改善整体 > 「インソールを入れても痛いモートン病を改善するならこの方法」愛知名古屋

「インソールを入れても痛いモートン病を改善するならこの方法」愛知名古屋

2018年09月05日

hp top画像.png

整体HP 初回特典2.png

モートン悩みバナー.png

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

コレで大丈夫バナー.png

「ココさえ戻せば、もう安心です!」



あなたは、おそらくココに働きかけることはされていないはず。



Dr.整体 天白に来院されるモートン病に悩まれている9割以上の方が、「ココ」に働きかけることで改善しているからです。



インソールや足底板(足底挿板)などを使用していても、なかなか改善しない足の先の痛みや違和感、しびれなどの共通して原因になる部分が、あります。



それにもかかわらず、その部分の状態を見過ごされています



実際に、当院で「この部分」について見て行き、うまく機能していないことを、本人にわかるように示していくと「ビックリ」して驚かれます。



詳しくは、下にスクロールしていただき、当院の施術の内容をお伝えしている項目(=当院の施術法は「ちょっと違う!」)がありますので興味があれば参考にしてください。

 

 

新TELバナー用.png

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

モートンとはバナー.png

  

モートン病とは?


日本整形外科学会のサイトには、このように示されています。


・症状

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状が出現します。



前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。



また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。



・原因

中腰の作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。槌趾変形(マレット指)がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。



・病態

槌趾変形がある場合や中腰の作業、ハイヒールの常用などで趾の付け根の関節(MP関節:中足趾節関節)でつま先立ちをすることによって、足趾に行く神経が中足骨間を連結する靱帯(深横中足靱帯)のすぐ足底部を通過するため、この靱帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害です。



圧迫部の近位には仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成されます。中年以降の女性に多く発症します。

参考サイトはこちら↓↓

(https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/morton_disease.html)

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

モートン一般バナー.png

 

 

「一般的な対処法」として、日本整形外科学会のサイトに示された治療方法を示します。

 

 

治療

まず、足底挿板(インソール)などを用いた保存的治療をします。

 

3ヵ月ほど様子を見て症状が回復しないものでは手術が必要になることもあります。

 

 

 

・保存的療法

局所の安静(作業肢位、ハイヒールの禁止)、薬剤内服、足底挿板、運動療法、ブロック注射など。

 

神経剥離、神経腫摘出、深横中足靱帯の切離等の手術が行われます。

 

詳しくは整形外科医にご相談ください。

 

参考サイトはこちら↓↓

(https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/morton_disease.html)

 

 

...と、以上のように紹介されています。

手術が必要だと思う方は、整形外科の先生にご相談ください。

 

 

ただ、このページを見ていただいているあなたは、手術ではない方法をお探しだと思います

 

 

Dr.整体 天白で行う方法に興味のある方は、次の項目を参考にしてください。

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 

モートン違いバナー.png

 

 

「症状を治すのではなく、原因に働きかけます」



もう少し、詳しくお伝えさせていただきますね。



一般的な整形外科的な方法は、前項にあった通りですDr.整体 天白での対応は、症状を起こしてしまった原因」は「何か?」に注目していきます



「それって普通じゃ何の?」と思われたかもしれませんが、私も修行時代は、整形外科に勤務して勉強させていただいていましたが、病院などで対応されるときには、意外にも原因ではなく「症状」に注目しています



それでは、モートン病の9割以上の方「共通する原因」は、膝から下の外の部分にある腓骨筋(ひこつきん)」力の出方柔軟性の低下などの問題です



一言で言ってしまえば、ほとんどの方は、この腓骨筋がうまく機能しなくなっているのです。



もちろん他の要素もいろいろと絡み合って一つの症状として「モートン病が出ているのですが、「どれが一番の原因?」と問われれば、腓骨筋と言っても過言ではないでしょう。



ただ、腓骨筋が機能しなくなったと思われる「原因」は、多岐に渡ります



人によっては、歩き方や靴の問題が、関係していますし、意外な部分でいうと「反対側の肩の動き」が、関係する場合があります。



そう言った状況の方は、当院で見させていただいている方の中には非常に多い傾向です。



実際に、反対側の肩の動きを改善していくことで、長い年月モートン病の症状に苦しみ悩んでこられた方が、当院でどんどん改善しています。



あなたも、これまでなかなか改善してこなかったという状況に悩まされているのでしたら腓骨筋に問題がある可能性が高いでしょう



もし、腓骨筋の状態がどうなっているのかを知りたければ、一度施術を体験しにきてくださいね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

整体HP 初回特典2.png

新TELバナー用.png

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

喜び声バナー.png

 

動画の中のSさんは、1年以上モートン病の痛みに悩まされ、お出かけしても帰りは歩けなくなり、旦那さんにおぶってもらうような状態だったのです。



そのSさんは、1ヶ月も経たないうちに痛みはなくなり、2ヶ月経たないうちに、ラクになったので「ついつい旅行に行った」(そのため一次的に少しだけ症状がブリ返しました(苦笑)というエピソードもありました。



ちなみにSさんは、当院の施術法は「ちょっと違う!」の項でお伝えした「腓骨筋」の力の出方が、かなり弱っていて軽い抵抗運動も出来ないぐらいになっていました。

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

院長あいさつバナー.png

 

 

水谷です。



「私は、旅行やショッピングが大好きなのに怖くていけないんです(泣)!なんとかして下さい」



この言葉は、今でも忘れられません。



当時50代の女性だったのですが、本当に涙ながらに、そう言いながら当院に来院されました。



私は、その言葉を聞いたときに「治療家魂」に火がつきました。



そして、思い出しました。



私の使命は、原因不明の痛みやしびれ、違和感で困っている方を笑顔に戻すことだった!と。



モートン病で当院を訪れる方の多くは、すでにいろんな検査や診断を受けて、なかなか解決しないので来院される方が多いのです。



「なぜ?そんな現象が起こるのか??」



と思われるかもしれませんが、これは日本の制度的な問題も影響しています。



それは「健康保険制度」です。



日本の医師は、とても優秀で世界に誇れる技術を持った、私が言うまでもなく「エリート集団」ということは、あなたも認識していると思います。



ただ、例えば、この「モートン病」について見たときも、医師が見る場合は、健康保険制度に縛られるために、症状の出ている場所にしか働きかけることができません



これは言わば「木を見て森を見ず」と言う状況に例えられます。



部分的にしか見ていないので「真の原因」が見えなくなってしまうのです。



私が、「なんでも判り、すべて解決します!」とは言いませんが、真の原因を見ない限り、根本的な解決をしていくことは、不可能でしょう



あなたがモートン病でお困りなら、私は、最善を尽くしあなたの真の原因を見つけ、解決へと導きます



これまでに、散々いろんな所で見てもらったけど解決しなかったと言う場合も、まだ望みを捨てないで下さい。



「腓骨筋」への正しいアプローチをされていなければ、まだまだ改善の余地はあります



何としても改善したい!と思ったら、一度施術を試しにご来院ください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 整体HP 初回特典2.png

新TELバナー用.png

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

モートン5つバナー.png

 

違いバナー.png

一言で言えば「全体を見る」ことです。



例えば、あなたがモートン病で左足が痛いとします。



そして、原因を探していくのですが、ほとんどの場合、症状の出ている足の部分には原因はありません!と言い切っても良いでしょう。



膝に問題があったり、股関節が原因だったり、当院でも多いのは、「反対側の肩の関節」に原因があるような場合があります。



そんな状況で、足だけになんらかの処置を施しても、痛み止めなら一次的に痛みが治まったように思えるかもしれませんが、「それだけ」でしょう。



はっきり言ってしまえば、その場しのぎ的な方法で、根本改善には至りません



Dr.整体 天白では、必ずあなたの「真の原因」を見つけるまで徹底的に検査をして行きます



なぜならば、そこに時間がかかったとしても、真の原因に働きかけることで、「最短距離」でラクになると言うゴールへたどり着けるからです



その場しのぎの対応は、改善を遅らせますし、痛い思いをする時間が無駄に伸びてしまいます。



あなたが、真の原因を見つけ最短でラクになりたければ、一度当院の施術を試しにきて下さい。



あなたが旅行やお出かけした時に足のことを気にせず、心から楽しんで笑顔になれるようにするために最善を尽くします

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

整体HP 初回特典2.png

 

新TELバナー用.png

 

 

 



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ限定特典を見た」とお伝え頂くと、下記の初回特典が受けられます。

tokuten02.png
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料9780円=11280円のところ
全身バランス筋膜調整 3800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料11820円=13320円のところ
あごの整体・セロトニン活性療法
4800円

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


「Dr.整体 天白」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒468-0002 愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東
(焼山の接骨院隣接)
 【電話番号】 052-846-5018
 【営業時間】 月・火・木・金曜 9:00~12:30 15:30~19:30
水・土曜     9:00~14:00
 【電話受付】 営業時間と同じ
 【定休日】 日曜・祝日(水曜・土曜の14:00以降)
 【最寄駅】 名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩合わせて13分
バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分
「Dr.整体 天白」までの詳細な行き方
 【駐車場】 5台無料
院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)

PageTop

水野裕子さんとのインタビュー
初めての方へ
メニュー
会社概要

名古屋市天白区 肩・うで・あし・腰の原因不明の痛みやしびれの改善「Dr.整体 天白」


【住所】
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東(焼山の接骨院隣接)


【電話/FAX番号】
052-846-5018


【営業時間】
月・火・木・金曜
9:00~12:30
15:30~19:30

水・土曜
9:00~14:00


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜・祝日
(水曜・土曜の14:00以降)


【最寄駅】
名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩で13分

バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分


【駐車場】
5台無料

院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)


カテゴリー
新着記事


名古屋市天白区
「Dr.整体 天白」
  • 住所:〒468-0002
    愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東 (焼山の接骨院隣接)
  • 052-846-5018