天白区焼山 変形性股関節症で手術 - 名古屋市天白区「Dr.整体 天白」

HOME > 天白区焼山 整体情報 > 天白区焼山 変形性股関節症で手術

天白区焼山 変形性股関節症で手術

2016年09月16日

変形性股関節症で手術を検討する前に

Dr.整体 天白より 一般的な見解やその後に院長であるわたくし水谷の経験を踏まえた考えや方向性を以下に述べさせていただきます。

(以下 一般的な見解)

変形性股関節症は先天性または後天性の疾病や外傷などにより股関節の構造に破綻を来した状態で、非炎症性で進行性の疾患です。
主な症状は、痛み・関節の可動制限・間欠跛行などです。
一度発症すると加齢と共に症状が徐々に悪化して、しかも一度変形した股関節を発症前の状態にすることはできないのです。
ですから、痛みがなくても定期的に専門医に受診をして経過を観察しながら、適切な時期に適切な治療を受けることも大切なのです。

発症する原因は、一次性と二次性の2つに大きく分類されます。
一次性というのは、明確な原因が分からなくて関節が壊れていくもので、関節軟骨の細胞が老齢化することで働かなくなったためと考えられています。
二次性というのは、何らかの病気やケガが原因で発症するもので、日本では二次性が大半を占めていますし、圧倒的に女性に多いという特徴があります。
先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全で発症するのが全体の約90%で、その他にはペルテス病・特発性大腿骨頭壊死症・関節唇損傷などがあります。
ちなみに、先天性股関節脱臼とは原因は明確にわかりませんが、子宮内での異常姿勢や遺伝的素因などが考えられて、生まれつき股関節が脱臼している疾患です。
臼蓋形成不全とは、股関節の屋根の部分となる臼蓋の不完全な発育で大腿骨頭への被りが浅い状態のことです。
先天性股関節脱臼に起因するものと成長期に臼蓋の発育が正常に進まないケースが考えられます。

一般的に病院で実施される治療法としては、保存的療法・関節温存手術・人工股関節置換術の3つがあります。
保存的治療としては、薬の服用・筋力強化訓練・体重のコントロール・はきものの調整・杖の使用・安静をはかるなどがあります。
関節温存手術には、寛骨臼回転骨切り術やキアリー骨盤骨切り術などの骨盤側の手術と、内反骨切り術や外反骨切り術などの大腿骨側の手術があります。
人工股関節置換術とは、特殊な合成樹脂の骨セメントを使用して人工関節を固定する方法と、直接骨に固定するセメント非使用人工関節があります。
人工関節の組み合わせには、セラミック対セラミックの組み合わせなど、様々な方法があって、従来の高分子ポリエチレンよりも磨耗しないポリエチレンの開発もされています。
こうした技術の進歩により人工関節の耐久性も長くなる傾向にあります。

病院以外にも整体や整骨院で変形性股関節症の治療を受けることができます。
整体や整骨院の治療では、発症や症状の進行には先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全といった股関節の形態の異常以外に、姿勢なとの生活習慣からくる骨の位置関係の悪さがあると考えています。
ですから、傾いた姿勢を正常な状態にすることで、関節の角度も良い状態になり骨格に体重を乗せることができて、関節や軟骨に余計な負荷がかからなくする治療をするのです。
その結果、痛みなどがなくなると共に長く快適に機能するようになるので、変形性股関節症の症状改善につながるのです。
病院での治療と共に整体や整骨院で施術を受けてみることも検討すると良いです。

(以上)

上記を踏まえDr.整体 天白として、人工関節の手術に踏み切るタイミングも考慮する必要があります。以前私が、まだ修行中に任されていたの勤務先に、私は病院が母体の学校で
接骨師の免許を取ったのですが、そこの病院で人工股関節の手術を行った当時90代の男性が通院されていました。手術を行ったのは、その男性が70代の時でした。もう術後20年
以上経っているということだったのですが、ある日、股関節から太ももが痛むと言うことでしたので、徒手検査をいくつか行いました。ただ、反応は出ないく痛みもなく、歩き出すと
また痛いという状況でした。

これは、困ったと思い手術をしてもらった病院に再度診察をしてもらうことを勧めました。そして、検査に行くことになったのですが、思いもしなかったことが起こっていたのです。

それは、太ももの骨の中に人工関節の軸を埋め込むのですが、軸自体の対応年数は、伸びてきているものの、肝心の埋め込んでいる方の骨自体が、年齢的に「スカスカ」の状態で、
軸が骨の中で動いてしまっているとのことで、そのために痛みを発生していたのです。年齢的にも再手術は、不可能ということで勤務先の接骨院に通院してリハビリをして様子を
見ましょう、ということになりました。結果として、その方は幸い痛みが引いてきたので良かったのですが、いつもみんながそうとは限らない状況とも言えます。

なので、安易に手術をするのではなく、一旦、他の可能性も試してみて、どうしてもダメなら最終的に手術を考えるという順番で良いのではないでしょうか!?ただ、こういう書き方
になると手術が最終手段で、手術さえすればなんとかなる、と思われてしまいそうですが、手術前の状況をよくしておかないと上手くいくはずだった手術後の結果が、あまり良く
ないということもあります。
そうならないためにも慎重に判断していただくことをお勧めします。

天白区焼山 変形性股関節症で手術なら、「Dr.整体 天白」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ限定特典を見た」とお伝え頂くと、下記の初回特典が受けられます。

tokuten02.png
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料9780円=11280円のところ
全身バランス筋膜調整 3800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料11820円=13320円のところ
あごの整体・セロトニン活性療法
4800円

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


「Dr.整体 天白」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒468-0002 愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東
(焼山の接骨院隣接)
 【電話番号】 052-846-5018
 【営業時間】 月・火・木・金曜 9:00~12:30 15:30~19:30
水・土曜     9:00~14:00
 【電話受付】 営業時間と同じ
 【定休日】 日曜・祝日(水曜・土曜の14:00以降)
 【最寄駅】 名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩合わせて13分
バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分
「Dr.整体 天白」までの詳細な行き方
 【駐車場】 5台無料
院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)

PageTop

水野裕子さんとのインタビュー
初めての方へ
メニュー
会社概要

名古屋市天白区 肩・うで・あし・腰の原因不明の痛みやしびれの改善「Dr.整体 天白」


【住所】
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東(焼山の接骨院隣接)


【電話/FAX番号】
052-846-5018


【営業時間】
月・火・木・金曜
9:00~12:30
15:30~19:30

水・土曜
9:00~14:00


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜・祝日
(水曜・土曜の14:00以降)


【最寄駅】
名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩で13分

バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分


【駐車場】
5台無料

院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)


カテゴリー
新着記事


名古屋市天白区
「Dr.整体 天白」
  • 住所:〒468-0002
    愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東 (焼山の接骨院隣接)
  • 052-846-5018