天白区焼山  脊柱管狭窄症の治療法 - 名古屋市天白区「Dr.整体 天白」

HOME > 天白区焼山 整体情報 > 天白区焼山  脊柱管狭窄症の治療法

天白区焼山  脊柱管狭窄症の治療法

2016年10月26日

脊柱管狭窄症の治療法とケアの方法

みなさんこんにちは、Dr.整体 天白の水谷です。MRIなどの精密検査で脊柱管狭窄症と診断されて、色々と治療を受けた上でDr.整体 天白を訪れる人は少なくありません。

以下に一般的な見解を示した上で、Dr.整体 天白としての見解も後に述べさせていただきます。

何らかの原因によって脊椎の中央にある脊柱管が狭くなることで、中を通る神経が圧迫されて痛みやしびれなどの症状を引き起こすのが脊柱管狭窄症です。
先天性により起こることもありますが、ほとんどが筋力の衰えや軟骨・骨の変形など後天性の原因によるもので、特に高齢の方に多く発症する疾患です。

加齢により首近くの背骨が変形して神経や血管の通る脊柱管が狭まると、首周りのコリや腕の痺れと言った症状が起こります。
加齢により腰回りの背骨が変形して神経や血管の通る脊柱管が狭まると、片足だけの痛みや痺れと言った症状が見られます。
脊柱管の中央に位置する馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫されると、両足のしびれや残尿感・性器の違和感などの症状が起こります。
脊柱管内部の神経根と馬尾の両方が圧迫されと、歩行が困難になったり間欠跛行が見られたりします。
その他、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などが発症した結果として脊柱管が狭くなると、椎間板ヘルニア・すべり症・変形性腰椎症・坐骨神経痛などの症状が起こります。
このように脊柱管狭窄症の発症する原因によって発生する症状にも違いがあります。

主な治療法として考えられるのは、薬物治療・理学療法・神経ブロック注射・手術療法の4つが挙げられます。
薬物治療は鎮痛剤や筋肉弛緩剤などで主に痛みを取り除く治療法で、理学療法は温熱療法や腰椎牽引などで主に物理的に働きかける治療法です。
神経ブロック注射は圧迫されている神経に局所麻酔を打つ対症療法で、手術療法は神経の圧迫を取り除くために脊柱管を広げる根治療法となります。
症状が軽い場合には、姿勢に注意したりストレッチを行ったりすること対策方法としてありますが、先に触れた対処療法でも改善しない重症の場合は手術が必須となります。
それから意外と意識しないでしょうが食生活も重要なポイントで、バランスの良い食事を心がけることは当然のこと、効果が期待できる健康成分を摂取することも大事です。

それから日常からできるケアとしては、背筋を伸ばしたり反らしたりすることで、神経を圧迫して痛みを悪化させてしまうこともあるので、姿勢に気をつけることもケアとしてあります。
生活する上で意識することも大事ですが、睡眠時も理想的な姿勢で寝れるようにすることも大切です。
血流を改善させることで痛みを緩和することも可能なので、健康成分を積極的に摂り入れることも大事で、直接働きかけるわけではないですが痛みの軽減につながります。
ストレッチや体操をすることも痛みを軽減させることにつながるので、無理することなく正しい方法で実践すると良いです。
ただ、先にも触れましたが体を反らすなどのストレッチは、症状を悪化させることも考えられるので、医師に確認すると共に指導を受けて実施することです。
体の前屈状態を維持することで痛みを和らげる効果があるので、コルセットを使用するのもケアにつながるので専用のコルセットを使うと良いです。
それから整体や整骨院での施術も痛みを緩和することができるので、施術を受けることも検討してみるのもひとつです。

以上が、一般的に述べられている見解に近いかなと思います。そして、Dr.整体 天白では、もう少し違った角度から体を捉えて対応しています。

具体的には、まず脊柱管の中が狭くなる現象というのは、過度にかかった負担に対して脊柱管の壁を構成する後縦靭帯や黄色靭帯が分厚くなる為に、管が狭くなります。

例えて言うと、ゴルフや野球の素振りを繰り返したりすると、手の皮が分厚くなって、その場所を守ろうとする反応です。運動を続けていると皮は、厚いままですが運動をやらなくなると、また薄くなったりしますね。

後縦靭帯や黄色靭帯にも同じような作用が起こって、ある一定の方向の動きばかりがクセになってしまい、その部分だけが「強くなろうとして」皮が厚くなる感覚と同じように肥厚してくると言ったイメージで捉えています。なので、一点に集中してしまう負担を取り除くことが出来れば、その靭帯の守る反応で分厚くなった部分も、分厚くならなくて済むと考えられませんか!?

では、どうすれば良いのかと言うと、靭帯が肥厚して守ろうとする動きのクセを、負担の少ない理想的な動きに戻していけば良いのです。現にDr.整体 天白では、そのような状況を目指していった方が狭窄症の症状から解放されてラクになられています。

「分厚かった皮が薄くなるなんて、時間がかかりすぎるんじゃないの!?」と、思われるかもしれませんが、よっぽどの状態でない限り、薄くなるのを待たなくても神経を圧迫している負担が減れば、痛みや痺れの反応は、軽減します。

その後に、脊柱管狭窄症に至るまでについてしまった「クセ」をとっていく間に分厚さが変わり、以前なら痛みが強くてできなかったと言う動きでもできるようになったりします。

もし、あなたが繰り返し脊柱管狭窄症で悩まされているのなら、そろそろ根本を変えていくことに目をつけられても良い時期ではないでしょうか!?

天白区焼山  脊柱管狭窄症の治療法なら、「Dr.整体 天白」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ限定特典を見た」とお伝え頂くと、下記の初回特典が受けられます。

tokuten02.png
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料9780円=11280円のところ
全身バランス筋膜調整 3800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料11820円=13320円のところ
あごの整体・セロトニン活性療法
4800円

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


「Dr.整体 天白」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒468-0002 愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東
(焼山の接骨院隣接)
 【電話番号】 052-846-5018
 【営業時間】 月・火・木・金曜 9:00~12:30 15:30~19:30
水・土曜     9:00~14:00
 【電話受付】 営業時間と同じ
 【定休日】 日曜・祝日(水曜・土曜の14:00以降)
 【最寄駅】 名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩合わせて13分
バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分
「Dr.整体 天白」までの詳細な行き方
 【駐車場】 5台無料
院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)

PageTop

水野裕子さんとのインタビュー
初めての方へ
メニュー
会社概要

名古屋市天白区 肩・うで・あし・腰の原因不明の痛みやしびれの改善「Dr.整体 天白」


【住所】
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東(焼山の接骨院隣接)


【電話/FAX番号】
052-846-5018


【営業時間】
月・火・木・金曜
9:00~12:30
15:30~19:30

水・土曜
9:00~14:00


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜・祝日
(水曜・土曜の14:00以降)


【最寄駅】
名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩で13分

バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分


【駐車場】
5台無料

院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)


カテゴリー
新着記事


名古屋市天白区
「Dr.整体 天白」
  • 住所:〒468-0002
    愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東 (焼山の接骨院隣接)
  • 052-846-5018