名古屋市天白区「左か右のこめかみの痛む頭痛で困ったら...」 - 名古屋市天白区「Dr.整体 天白」

HOME > 頭痛整体(ソフト頭蓋調整) > 名古屋市天白区「左か右のこめかみの痛む頭痛で困ったら...」

名古屋市天白区「左か右のこめかみの痛む頭痛で困ったら...」

2017年07月05日

755393.jpg

 

みなさんこんにちは名古屋の筋膜整体「Dr. 整体 天白」

の水谷です。今回は、頭痛についてのお話を当院の見解

をふまえてお伝えさせていただきます。

 

いつもより長文ですが、こめかみの痛む頭痛でお悩みの

方には、かなりヒントになることも紹介させていただい

ておりますので頑張って最後までお読みくださいね(^^)

 

慢性的な頭痛でお悩みの方は特に参考にしていただけれ

ばと思います。今までに頭痛が出たことがなくて、急に

激しい頭痛が出た時は、まず医療機関にご相談ください。

 

それでは、当院の「こめかみが痛いタイプの頭痛」に関

してお伝えしようと思いますが、頭蓋骨に関しましては

非常に微妙で繊細な部分で、この記事を10ページ以上

書いても足りないぐらいなので、詳しい説明は割愛させ

ていただき、ざっくりとお伝えさせていただきます。

 

まず一つ目は、イラストのこめかみの部分の「蝶形骨」

と後頭部に位置する「後頭骨」の関係性に着目します。

 

その前に、少し頭蓋骨の特徴をお伝えさせていただきま

すね。

 

頭蓋骨は、上のイラストのような骨の継ぎ目にあたる

ところを丁寧に分解していくと、23個の骨がくっ

て一つの頭蓋骨を形成していると考えられています。

 

と、このように書くとバラバラだったものが、どこかか

ら、寄ってきてくっついたように思ってしまうかもしれ

ませんが、そうではないです。

 

くっつく前の段階を分かりやすくいうと、子供が1歳〜

1歳半にならないぐらいの間まで、ひたいの真ん中から

まっすぐ上に髪の毛の生え際あたりまで上に触っていく

と、ペコペコする部分を触れることができると思います。

 

その部分は、大泉門と呼ばれている部分で、(新生児の

時には)左右に分かれている前頭骨と頭頂骨の合わさる

部分が、簡単にいうと骨がまだ出来上がっていなくて

膜状の部分が触れてペコペコした感じがするのです。

 

そして、そのような場所が成長するにつれて2歳過ぎた

ぐらいに完全に閉鎖すると考えられています。

 

ただ、骨の継ぎ目に関しては、私が学んできたオステオ

パシー(1800年代のアメリカ発祥の外科医が考案した

医療)考えをもとに、継ぎ目の部分が動くと考えて話

進めていきますね。

 

亡くなってしまった人の骨は、それこそ手羽先の骨のよ

うに水分や体液も失われ、力を加えると「パリッ!」と

割れてしまうような硬さがあります(時間経過によって

ですが、実際に昨年の10月にハワイ大学医学部に解剖学

実習に参加した時に、ご献体の骨を触ってきたので間違

いはないと思います)。

 

ただ、生きている人の骨は、水分や体液も含まれ、圧に

対して、しなるような動きが出ると考えられています。

 

継ぎ目の部分に関していうと、骨と骨の間に結合組織と

言われる組織が存在して、骨をつなぎ合わせているので

すが、この結合組織は非常にうまくできている組織なの

です。

 

例えていうと、アルファゲルのような素材で、たまごを

高所から落としても、割れないぐらい衝撃を吸収して

ゆっくり手で抑えたりすると、手の跡が残るように沈み

込むような柔軟性も兼ね備えていると言えば、わかって

いただけるかと思います。

 

その優れた能力が、頭の継ぎ目の部分の結合組織にもあ

ると考えられていて、多少頭をぶつけても、結合組織の

部分が衝撃を吸収してくれると考えらえられます。

 

そして、頭蓋骨の継ぎ目に「500グラムタッチ」と言わ

れる、ソフトなタッチで触れることで、アルファゲルを

手でゆっくり押すと沈み込んで手の跡がつくような動き

と同じように「じんわり」動くと考えられています。

 

その便利な機能を利用して、頭蓋骨の調整をしていくの

です。

 

ざっくりと説明したつもりですが、やっと本題に戻れま

すね(苦笑)。今回のこめかみの痛むタイプの頭痛で、

蝶形骨と後頭骨が関係するとはじめに触れました。

 

蝶形骨は、文字通り蝶々の形をした骨で、こめかみの骨

は、頭蓋骨を分解した時に、分かりますが左右が繋がっ

ています。右の羽ー体ー左の羽という感じです。

 

そして、蝶々の尻尾の部分と後頭骨の前の部分が、先ほ

どから出ている結合組織で繋がっています。

 

頭痛が出るタイプで、MRIやCTなどの医学的検査をした

けれど、「異常が発見されなかった」という方は、この

部分になんらかの不具合を生じている可能性があると言

えます。

 

異常がないのになぜ?? と思われたかもしれませんが

日本の医師=メディカルドクターの見地からすると、蝶

形骨と後頭骨の合わさりの部分は、頭痛の診断の基準の

中に入っていないためです。

 

先ほど申し上げたように、その部分に異常があって、不

具合が出ているかもしれないという考え方は、大きく分

けるとオステオパシーを施行するドクターの考えです。

 

ちなみに私は、ドクターではありません。アメリカで

オステオパシーを学ばれた先生にご教授いただきました。

 

話を戻すと、その部分の不具合を感じ取り、戻していく

ことでこめかみが痛いタイプの頭痛がおさまることもあ

ります。

 

ただ、頭痛も非常に深い症状で、その状況だけにとどま

らず、他の骨との合わさりの部分なども関係してきます。

それは、またの機会に説明させていただきますね。

 

注意点としては、テレビでも「とんでもない!」と思え

るアドバイスをしているシーンを目にすることがありま

すが、どういう方法かというと、『こめかみが痛むとき

は、こめかみを「グリグリ」押してください...』 

いうものです(冷汗)

 

本当に驚きです(・・) 当院にお見えになる方には必ず!

「絶対にやらないでください!!!」とお伝えしている

方法です。

 

これにも理由があるのですが、蝶形骨の真ん中にトルコ

鞍という場所があり、そこに脳の下垂体というものが、

おさまるという仕組みになっているのですが、こめかみ

を左右非対称な力でグリグリ押してしまうと、その部分

が揺らされて、かえって頭痛を引き起こすかもしれない

という説があるからなのです。

 

ちなみに頭痛以外にも疲れが取れにくいと感じたり、

気分の低下などにも関係してくるとも考えられて

います。

 

そのような理由からも、くれぐれも「こめかみグリ

グリ作戦」は、おやめくださいねm(__)m

 

一つ目に蝶形骨と後頭骨の関係について、ざっくりいっ

ても、こんな感じで二つ目、三つ目...それ以上のことに

触れることができませんでした。

 

そして、これからも、こめかみ以外の部分に関する頭痛に

もふれていくことがあるかと思いますが、懲りずに参考に

してくださいね(^^)

 

今回の長文を最後までお読みいただきありがとう

ございましたm(__)m

 

P.S.

「こめかみグリグリ作戦」に変わる別の方法は、あり

ますからあなたが、左や右のこめかみの痛むタイプの

頭痛に悩まされているなら、早めに日程をご相談いた

だき、状態を見せに来てくださいね(^0^)

 

当院の「あたまバランス整体」は、非常にソフトで

施術中に眠られる方が多くお見えになります。

 

ちなみに電話で頭痛に関して問い合わせていただいても

一人一人、頭蓋骨の形や癖が違い、それを見ないで一概

にアドバイスはいたしかねますので、ご理解いただける

と嬉しいです。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ限定特典を見た」とお伝え頂くと、下記の初回特典が受けられます。

tokuten02.png
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料9780円=11280円のところ
全身バランス筋膜調整 3800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料11820円=13320円のところ
あごの整体・セロトニン活性療法
4800円

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


「Dr.整体 天白」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒468-0002 愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東
(焼山の接骨院隣接)
 【電話番号】 052-846-5018
 【営業時間】 月・火・木・金曜 9:00~12:30 15:30~19:30
水・土曜     9:00~14:00
 【電話受付】 営業時間と同じ
 【定休日】 日曜・祝日(水曜・土曜の14:00以降)
 【最寄駅】 名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩合わせて13分
バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分
「Dr.整体 天白」までの詳細な行き方
 【駐車場】 5台無料
院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)

PageTop

水野裕子さんとのインタビュー
初めての方へ
メニュー
会社概要

名古屋市天白区 肩・うで・あし・腰の原因不明の痛みやしびれの改善「Dr.整体 天白」


【住所】
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東(焼山の接骨院隣接)


【電話/FAX番号】
052-846-5018


【営業時間】
月・火・木・金曜
9:00~12:30
15:30~19:30

水・土曜
9:00~14:00


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜・祝日
(水曜・土曜の14:00以降)


【最寄駅】
名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩で13分

バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分


【駐車場】
5台無料

院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)


カテゴリー
新着記事


名古屋市天白区
「Dr.整体 天白」
  • 住所:〒468-0002
    愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東 (焼山の接骨院隣接)
  • 052-846-5018