「危険です。グリグリこめかみを押すと頭痛がひどくなり改善しません」愛知県 - 名古屋市天白区「Dr.整体 天白」

HOME > 頭痛整体(ソフト頭蓋調整) > 「危険です。グリグリこめかみを押すと頭痛がひどくなり改善しません」愛知県

「危険です。グリグリこめかみを押すと頭痛がひどくなり改善しません」愛知県

2018年12月04日

hp top画像.png

整体HP 初回特典2.png

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

頭痛のお悩み.jpg

 

安心してください(^^)

 

もし、あなたが、上記の項目に当てはまるのなら、当院の施術がお役に立てます。

 

 

コレで大丈夫バナー.png

 

 

繰り返します「安心して下さい」

 

 

当院のソフトな整体が、あなたを慢性的な頭痛から解放します。

 

 

「エッ!こんな方法で...!?」

 

 

そんな風に思われるぐらい意外に思われる方が多く、こんな方がお見えになられます。

 

 

「なんか、キツネにつままれたみたいな感じがした(笑)」(50代・女性)

 

 

と、面白い感想を言っていただいたので、それ以来、本人に了承を得て当院での「ネタ」にさせていただいております。

 

 

この女性は、頭痛が出ると、かなり強烈で、なぜかチョコレートやアルコールを摂取したくなるんです。

 

 

でも、摂取すると、頭痛が酷くなって後悔するけど、またやってしまう...

 

 

そのような状況でした。

 

 

しかも、長年そう言った状態が続き、あらゆる治療を試したけど改善しなかった、という経緯をお持ちです。

 

 

ただ、なんとか改善したいと思い、いつもホームページを検索して詳しく読み込み、施術や治療を試しているという状況の中、当院のホームページに目が止まったということでした。

 

 

それを見て、一度試して見たいということで、名古屋市外で車で1時間弱かけてお越し頂くことになりました。

 

 

その方が、初回の後に思った感想が、先ほどの「キツネに...」だったのです。

 

 

そして、その方は1回目、2回目は動きの変化はあるが、頭痛の変化は「なんとなく」という程度でした。

 

 

3回目、どうなったかというと、その後から頻発していた頭痛が、出ても「軽くて」間隔がすごい空いて、「痛みも強くない」という状態に変わりました

 

 

現在、5回目が終了した状況ですが、「あっ!?出るかなぁ」と思っていても、そのまま頭痛が出なくなりました。...という状況にまでなりました。

 

 

この間まだ、1ヶ月弱のお話です

 

 

長年悩まされていた症状も、ちゃんと「改善に必要なこと」を見極めることで、正しくアプローチを行えば、ラクになるんです。

 

 

方法論に関し余しては、後ほど別の項でお伝えさせていただきますので、ご興味のある方は読み進めて下さい。

 

 

新TELバナー用.png

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 

頭痛一般バナー.png

 

頭痛の分類

 

こちらのサイトには、こんな風に紹介されています。

(https://medical.eisai.jp/products/maxalt/guidance/class.html)

 

 

頭痛は、様々な要因によって引き起こされるため、現れる症状も一様ではありません。

 

 

頭痛のタイプを見極めることは、その後の治療を決定する重要な一歩となります。

 

 

一次性頭痛と二次性頭痛の鑑別

 

頭痛の原因は様々であり、痛みの強さ、痛む部位、持続時間など、症状も人により異なります。

 

 

中には、生命が脅かされるような危険な頭痛もあり、また治療法も異なってくるので、そのタイプを鑑別することは非常に重要です。

 

 

頭痛の分類と診断は、国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)に則って行います。 

 

 

頭痛は、他の疾患のない「一次性頭痛」と、他の疾患に起因する「二次性頭痛」の 2つのタイプに分けられます。

 

 

頭痛患者のおよそ9割は一次性頭痛であり、二次性頭痛は1割程度であるといわれています。

 

 

しかし、二次性頭痛の原因の中には、くも膜下出血のような「見逃されると死につながる頭痛」が含まれているので、以下のような二次性頭痛の特徴を念頭に置き、危険な頭痛を察知する必要があります。

二次性頭痛が疑われる症状

突然の頭痛

今まで経験したことがない頭痛

いつもと様子の異なる頭痛

頻度と程度が増していく頭痛

50歳以降に初発の頭痛

神経脱落症状を有する頭痛

がんや免疫不全の病態を有する患者の頭痛

精神症状を有する患者の頭痛

発熱・項部硬直・髄膜刺激症状を有する頭痛


国際頭痛分類第3版beta版 2013(ICHD-3β)の頭痛分類

一次性頭痛

 

片頭痛

緊張型頭痛

三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)

その他の一次性頭痛疾患

 

 

二次性頭痛

 

頭頸部外傷・傷害による頭痛(例:外傷後頭蓋内血腫による頭痛)

頭頸部血管障害による頭痛(例:くも膜下出血)

非血管性頭蓋内疾患による頭痛(例:脳腫瘍)

物質またはその離脱による頭痛(例:薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛))

感染症による頭痛(例:髄膜炎)

ホメオスターシス障害による頭痛(例:高血圧)

頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の顔面・頸部の構成組織の障害による頭痛

あるいは顔面痛(例:顎関節症)

精神疾患による頭痛(例:心身症)

 

 

有痛性脳神経ニューロパチー、他の顔面痛およびその他の頭痛

 

有痛性脳神経ニューロパチーおよび他の顔面痛(例:三叉神経痛)

その他の頭痛性疾患

 

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

めまい一般的バナー.png

 

 

一般的に多い片頭痛の対処法についてこのサイトでは以下のように紹介されています。

https://medical.eisai.jp/products/maxalt/guidance/treatment.html

 

 

片頭痛治療にはどのようなものがあるのか

 

片頭痛の治療では、医師や薬剤師などの医療従事者と患者さんの二人三脚で、患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指すことが重要です。

 

 

また、片頭痛患者の症状は多様で、ふさわしい治療方法もさまざまであることから患者さん一人ひとりの症状に合わせたオーダーメード治療の構築が求められています。

 

 

医師のリードによる丁寧な問診、正確な診断がなされた後、適切な薬剤を選択します。

 

 

片頭痛の状態を患者さんと医療従事者の双方が理解し、さらに有益な情報を得るために、頭痛ダイアリーなどを使って詳しく診ていきます。

 

 

情報の共有を行うことで患者さんにも服薬のタイミングや誘発因子の排除をしっかり理解してもらえるようになります。

 

 

お互いの協力体制を確立するためにも、医療従事者は、患者さんが頭痛治療に対する意識を高く持つよう指導していく必要があります。

 

 

以上のように薬物療法が中心になります。内容に関しては、上記のリンクをご参考ください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

DRS施術法バナー.png

 

 

もう一度言います!

 

 

「こめかみをグリグリ押すと余計に頭痛はひどくなります」

 

 

この記事の冒頭にもお伝えしましたが、「なんか、キツネにつままれた感じがする... でもラクになってきました」という方法なのです。

 

 

なぜ、「キツネにつままれた」のかと言いますと、それだけ「ソフト」で「いかにも施術している」という感じがしなかったということらしいです。

 

 

ソフトな施術を行う理由は、いくつかあります

 

 

基本的に頭蓋骨の調整などを行うのですが、「痛い」と感じるような刺激は、まず、頭蓋骨の表面の筋肉がの縮む反応が出てしまいます

 

 

筋肉は、必要以上の力で抑えられて「痛い」と感じてしまうと、筋肉の中の「筋紡錘(きんぼうすい)」という伸び縮みに関するセンサーが働き、「防御反応(ぼうぎょはんのう)」が起きてしまい、筋肉が固く縮みます

 

 

そうなると頭蓋骨の調整などが上手くいかなくなってしまうのです。

 

 

そして、頭蓋骨の調整が、なぜ必要なのか?

 

 

ここがこめかみをグリグリしてはいけない部分と繋がってきます。

 

 

こめかみの骨は、「蝶形骨(ちょうけいこつ)」といって、文字通り蝶々の形をしています。

 

 

その蝶々の大きい羽(大翼・たいよく)の外側の部分が、こめかみの骨として存在しています。

 

 

ちなみに頭蓋骨は縫合線(ほうごうせん)と呼ばれる継ぎ目の部分で分解すると23個の骨に分けられると考えられています

 

 

話を戻すと、蝶形骨の蝶々の「胴体」に当たる部分に、脳の下にある「松果体(しょうかたい)」という場所が載る部分があります。

 

 

この松果体が、こめかみをグリグリして「わずかに揺らされる」と頭痛を発症してしまうという考え方があります。

 

 

当院では、その考えをもとに蝶形骨の「揺れ」や「ズレ」を調整することを行うことによって慢性的な頭痛の改善という成果を得ているのです。

 

 

あなたが今までマッサージや強烈な力で刺激をする方法しか受けたことがない場合、冒頭の方のように「不思議な感覚」を持たれるかもしれません。

 

 

ただ、その方と同じように「ラクになった」という成果を得られる可能性も高いと思われます。

 

 

早く慢性的な頭痛から解放されたいという願いを叶えたい方は、一度施術をお試しください。

 

 

整体HP 初回特典2.png

 

新TELバナー用.png

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

院長あいさつバナー.png

水谷です。

 

 

Dr.整体 天白のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

 

「もうムリッ!!頭痛がひどくなると何にもしたくなくなります(悲)」

 

 

こんな風に慢性的な頭痛に悩む方は、「なかなか改善しなくてストレスを感じる」という感想をお持ちの方も非常に多くお見えになります。

 

 

なので、「ラクになった」という成果を得ていただくと、非常に喜んでいただけるので、私どものとてもやりがいのある症例の一つとなっています。

 

 

ほとんどの方が、鎮痛剤などの痛み止めを常用し、それでもラクにならずにあきらめかけている。このようなケースは非常に多いです。

 

 

なぜ、鎮痛剤では改善しないのか?

 

 

火事に例えると、頭痛に限ったことではないですが、痛みの元の「炎症反応(えんしょうはんのう)」は、「燃えている状態」です。

 

 

そして、痛みは、「火災報知器」が鳴っている状態です。

 

 

火事の時に必要なことは、燃えている部分を「消火すること」だということは誰にでもわかると思います。

 

 

ただ、鎮痛剤の役割は、火災報知器がなっているのを「止めているだけ」なのです。

 

 

そういう状態が続くと薬を飲まなければ、頭痛がおさまらないという悲しいサイクルに入ってしまいます。

 

 

Dr.整体では、そういった方の「火事」を「消火する=根本的な原因を改善する」ためのアプローチを行っています

 

 

ちなみに「痛い」と感じてしまう施術は行っていません

 

 

「どんな方法でもいいから頭痛をなくしたい...」あなたが、もし、そんな風に考えられるならお力になれると思います。

 

 

整体HP 初回特典2.png

 

新TELバナー用.png

 

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

頭痛のお悩み.jpg

 

 

 

違い新バナー.png

 

1番の違いは、症状に注目するのではなく「原因」を探すことを得意としています

 

 

そして、その部分に働きかけることで、頭痛を改善し、再発予防をしているという点が大きく違います。

 

 

お一人お一人頭痛が引き起こされている原因は違います。なので、必要なことが一人一人違ってくるのです。

 

 

頭痛だから、みんな同じ方法で施術するということは、ございません

 

 

たまに、お電話で「頭痛を治して欲しいのですが、どれぐらいの期間がかかりますか?」

 

 

というような質問をいただくことがありますが、この時は正直困ってしまいます。

 

 

先ほど述べたように、お一人お一人「原因」が違いますし、その原因は、あなたの体を検査していくことでしか判明しません

 

 

原因が判明していない限り、どのぐらいの期間で改善できるかの判断をすることもできません

 

 

当院では、そのように頭痛の人には、全員「〇〇法」でライン作業のように対応しています...というわけではございません。

 

 

あなたに必要な改善法を導き出し、施術を行っています

 

 

そういった点も少し他院と異なる部分なのかもしれません。

 

 

今までに、頭痛の改善のために整体院にかかられた事があるという方も冒頭の方のように「なんか、キツネにつままれた感じがした...」というような感覚になるかもしれません。

 

 

それでも「今、感じている頭痛が改善するなら」という思いがありましたら、一度施術をお試しにご来院ください。

 

 

必ず、あなたの頭痛の「根本原因」を探し出し、改善へ導きます

 

 

 

整体HP 初回特典2.png

 

新TELバナー用.png

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページ限定特典を見た」とお伝え頂くと、下記の初回特典が受けられます。

tokuten02.png
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料9780円=11280円のところ
全身バランス筋膜調整 3800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回の方のみ/1日2名様限定
初見料1500円+施術料11820円=13320円のところ
あごの整体・セロトニン活性療法
4800円

電話・メールでのお問合せはこちら

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


「Dr.整体 天白」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒468-0002 愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東
(焼山の接骨院隣接)
 【電話番号】 052-846-5018
 【営業時間】 月・火・木・金曜 9:00~12:30 15:30~19:30
水・土曜     9:00~14:00
 【電話受付】 営業時間と同じ
 【定休日】 日曜・祝日(水曜・土曜の14:00以降)
 【最寄駅】 名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩合わせて13分
バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分
「Dr.整体 天白」までの詳細な行き方
 【駐車場】 5台無料
院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)

PageTop

水野裕子さんとのインタビュー
初めての方へ
メニュー
会社概要

名古屋市天白区 肩・うで・あし・腰の原因不明の痛みやしびれの改善「Dr.整体 天白」


【住所】
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東(焼山の接骨院隣接)


【電話/FAX番号】
052-846-5018


【営業時間】
月・火・木・金曜
9:00~12:30
15:30~19:30

水・土曜
9:00~14:00


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜・祝日
(水曜・土曜の14:00以降)


【最寄駅】
名古屋地下鉄鶴舞線植田駅よりバスと徒歩で13分

バス停「焼山」より徒歩約90秒、「焼山橋」からは徒歩約4分


【駐車場】
5台無料

院の出入り口の前12・13・15・16・17番 (※14番はございません)


カテゴリー
新着記事


名古屋市天白区
「Dr.整体 天白」
  • 住所:〒468-0002
    愛知県名古屋市天白区焼山1−420 フジイビル1−東 (焼山の接骨院隣接)
  • 052-846-5018